高麗人参のエキスと粒の比較

若々しく元気に過ごしたい人のあいだで、高麗人参が人気を集めています。
毎日エネルギッシュに仕事や趣味などを楽しむために役立てられているわけですが、これから取り入れようという人のなかにはエキスと粒のどちらがいいの?と思っている人もいることでしょう。
ここでそれぞれの特徴を解説すると共に、選び方のポイントを挙げていますので、参考にしてみてください。

 

■エキスの特徴
高麗人参のエキスはサポニンをはじめとする有用成分が凝縮されており、含有量が多いという特徴があります。
そのほか、液体のため摂取するとスッと溶け込みやすいため、効率よく栄養補給をすることができます。
ただ、味が非常に苦いというのがネックではあります。

 

■粒の特徴
粒は高麗人参の粉末が詰め込まれているのが特徴です。
特有成分のジンセノサイドをはじめ含有量は多いのですが、エキスに比べると補給の効率では負けているかもしれません。
ただ、高麗人参独特の味やニオイのクセがありませんので、飲みやすくはなっています。

 

■まとめ
苦くても健康にいいことをしていると思いたい人はエキス、摂りやすさ重視でいきたい人は粒がよいでしょう。
なお、補給効率で劣るといいましたが、粒にもエキス末を使用しているものがあるため、こうしたものなら摂取した際に栄養がなじみやすいといえます。