青汁の効果的な飲み方

青汁の飲み方で一番効果的なのは

 

私が今までに試した中では、便秘には夜、ダイエットには食前(食事中)か、置き換えが青汁の飲み方としてはおすすめです。

 

ですが、最近、健康食品会社に勤めている知人に聞いたところ、薬の場合は効果的な飲み方というのがありますが、青汁など健康食品の場合には、それほど気にしなくてもいいみたいです。
飲み方よりも、自分に合うものを見つけるのが大事で、その目的に合わせて飲む方を考えるのがいいみたいです。

 

 

使われている野菜が違うことに注目

 

メーカーによって、使われている野菜が違うので、自分に合うものを見つけることの方が重要のようです。

 

合わないものを長く続けていたとしても、さしたる効果は期待できないそうです。

 

商品の箱に書かれている飲み方を読んで、まずはその通りに、少なくとも3か月は飲み続けることで、何らかの効果がわかるらしいです。

 

アレルギー反応であればすぐに出ると思いますが、合わない場合には、特に何の反応もないのだと思います。

 

といっても、1年飲み続けてやっと何かを感じれた、という人もいますから期間は何とも言えません。

 

 

明日葉も魅力

 

ダイエットのところでもお話したのですが、桑の葉と並んで、明日葉も魅力的な原材料です。
青汁をより効果的な飲み方をしたいと思ったら、メーカーによる原料などの違いをよく確認してから購入するといいです。

 

ほとんどのメーカーでは、主原料となるものは、栄養価の非常に高い野菜にしています。

 

代表的な野菜ともいえる明日葉なら、今日摘んだとしても明日にはまた生えると言われるくらい、素晴らしい生命力をもっています。

 

含まれているカルコンというポリフェノールには、脂肪が溜まるのを防いでくれる上に、強力な抗酸化作用のおかげでシミやシワにも効果的と言われています。

 

また、ガンの予防に効果的と言われるクマリンも含まれているなど、期待できる効能にはさまざまなものがあります。

青汁の美味しい飲み方レシピ青汁は水に溶かして飲むのが一般的ですが、他にもいろいろな飲み方があります。レシピをいくつか持っ...

青汁の飲み方、おすすめは?青汁の飲み方で最も一般的なのは、ミネラルウェーターで割って飲む方法でしょう。苦みや青臭さが感じ...