便秘になるなら青汁

便秘になる原因を青汁の効能|腸内環境の話

 

腹筋の弱い女性は、便秘で悩まされている人も多くいますが、ひどい便秘になると、腸の中で食べ物などが止まる、腸閉塞という病気になってしまうこともあります。

 

そんなことになる前に、青汁を毎日の生活に取り入れて便秘をすっきりと解消しておきたいものです。

 

不溶性食物繊維が効く

 

青汁が便秘に良いといわれるのは、不溶性食物繊維が豊富に含まれているからです。

 

この成分は胃などで消化されにくいため、腸までしっかり有効成分を届けることができます。

 

そして、腸の中で水分を含むと水十倍にも膨れ上がり、腸の蠕動運動をアップさせてくれるのです。

 

つまり、停滞していた便や老廃物、毒素といったものがスムーズに体外へと排出されるのをサポートしてくれることになるのです。

 

便秘がちで、普段、野菜をあまり食べないという人は、青汁を毎日飲んで便秘を解消してしまいましょう。

 

腸内環境を整えるのに、手軽な青汁

 

日頃、便秘になるのが気になるなら、青汁を飲むのが良さそうです。

 

便秘の原因はさまざまですが、その内の一つは腸内環境が整っていないことが考えられます。

 

腸内の善玉菌が減少して悪玉菌が増加すると、腸の働きそのものが悪くなってしまいます。

 

すると、便がなかなか排出されず次第に固くなっていってしまいますが、野菜の塊のような青汁を飲むことで、この固くなってしまった便は柔らかくなり、排出されやすくなるのです。

 

外食が多いという人は特に野菜不足になりがちなので、便秘が気になる人は、青汁を飲むと効果的です。

 

便秘になる原因を青汁の効能|腸内環境の話関連エントリー

お腹におすすめの理由
青汁が便秘の解消におすすめなのは、食物繊維の中でも、腸の中で膨らんで運動を促進していくれる不溶性食物繊維が豊富に含まれているからです。野菜が不足しがちな現代の食生活に取り入れると良さそうです。
飲む時間は?
便秘を解消するための青汁なら、排便しやすい朝を飲む時間にするのが良さそうです。毎朝必ずトイレに行く習慣をつけ、それでもなかなか出ないという時には手のツボを押してみるのも良いでしょう。
効くといわれる理由は?
青汁は便秘に効くといわていますが、その理由は、腸内環境を整えることで鈍くなった腸の働きを改善してくれることや、含まれている非水溶性食物繊維が膨らんで、蠕動運動を促してくれるからです。