青汁で便秘の時の飲む時間

青汁で便秘がスッキリに重要な飲む時間

 

青汁は野菜の搾り汁なので、飲む時間に特に決まりはありません。
健康食品ということを考えると、朝飲んでも就寝前に飲んでも、食前食後どちらでも構わないのです。

 

でも、何かの目的のために飲むのでしたら、よりピンポイントで効能を得られるように飲みたいものです。

 

お通じを考えた場合には?

 

例えば、頑固な便秘をなんとかしたいという場合には、朝起きてすぐに飲むのが良いでしょう。

 

寝ている間には、コップ1杯分もの汗をかくといわれているので、失われた水分を補給するとともに、朝のスムーズな排便に必要な水分も補給できるという点で、朝起きてすぐのタイミングが良いのです。

 

ただ水を飲むだけでも、腸の蠕動運動を活発にすることができるので、ここに野菜を原料とした青汁の食物繊維が加われば、より解消させることができるというわけです。

 

トイレに行くタイミングに合わせて飲む

 

何かとストレスの多い現代人は、便秘に悩んでいる人も多いものですが、排便するのに最適な朝のタイミングで、例え便意を感じなくても、トイレに行く習慣をつけると良いでしょう。

 

そして、このトイレに行くタイミングで、便秘に良いと言われる青汁を飲んでおけば、 より高い効果が期待できそうです。

 

青汁は、毎日飲むことで効果を実感できるものなので、飲む時間を決めて、忘れずに飲み続けるようにしましょう。

 

また、トイレに行ってもなかなか出ない時には、親指と人差し指の骨の付け根にある、合谷のツボを押してみるのも良さそうです。

 

青汁で便秘がスッキリに重要な飲む時間関連エントリー

お腹におすすめの理由
青汁が便秘の解消におすすめなのは、食物繊維の中でも、腸の中で膨らんで運動を促進していくれる不溶性食物繊維が豊富に含まれているからです。野菜が不足しがちな現代の食生活に取り入れると良さそうです。
便秘になる腸内環境
便秘になるなら野菜をたくさん取ることが理想的ですが、野菜嫌い、外食がちという人なら、毎日の生活に青汁を取り入れてみましょう。腸内環境を整え、不溶性食物繊維がスムーズな排便を促してくれます。
効くといわれる理由は?
青汁は便秘に効くといわていますが、その理由は、腸内環境を整えることで鈍くなった腸の働きを改善してくれることや、含まれている非水溶性食物繊維が膨らんで、蠕動運動を促してくれるからです。