青汁は便秘におすすめ!他の健康食品との違いは?

 

健康食品の青汁は、便秘におすすめといわれています。

 

その理由は、青汁にはビタミンやミネラルが豊富に入ってるのですが、食物繊維もやはりたっぷりと入っているからです。

 

食物繊維は腸の蠕動運動を促してくれるので、お通じが良くなり便秘の解消にはうってつけというわけで、普段、便秘がちという人にはとてもおすすめの健康食品なのです。

 

また、有害物質は、食べ物などからも知らず知らずに取り込んでしまうものですが、こういったものも食物繊維の働きで体外に出してくれるということも期待できます。

 

日本人に不足しがちな食物繊維

 

野菜には、便秘の改善におすすめな食物繊維が豊富に含まれています。

 

でも、成人が必要としている1日の野菜摂取量は350gといわれていますが、これだけの量を毎日用意して食べるというのは、なかなか大変なことです。

 

しかも、昔ながらの和食を基本とした食生活であれば野菜も理想的な量を食べていたのですが、ファーストフードや出来合いのもので済ませることも多い現代の食生活では、野菜摂取量は減っていくばかりというのが現状でしょう。

 

そんな時には、毎日の生活にぜひ青汁を飲む習慣を取り入れるのがおすすめです。

 

青汁は、人間が必要としている栄養素の宝庫のようなもので、お通じに必要な、この食物繊維が豊富に含まれているのです。

 

青汁に含まれる食物繊維は不溶性食物繊維といい、腸で水分を取り込むと膨張し、腸の働きを促進してくれます。

青汁は便秘解消におすすめの健康食品関連エントリー

便秘になる腸内環境
便秘になるなら野菜をたくさん取ることが理想的ですが、野菜嫌い、外食がちという人なら、毎日の生活に青汁を取り入れてみましょう。腸内環境を整え、不溶性食物繊維がスムーズな排便を促してくれます。
飲む時間は?
便秘を解消するための青汁なら、排便しやすい朝を飲む時間にするのが良さそうです。毎朝必ずトイレに行く習慣をつけ、それでもなかなか出ないという時には手のツボを押してみるのも良いでしょう。
効くといわれる理由は?
青汁は便秘に効くといわていますが、その理由は、腸内環境を整えることで鈍くなった腸の働きを改善してくれることや、含まれている非水溶性食物繊維が膨らんで、蠕動運動を促してくれるからです。