青汁が便秘に効く理由

青汁が便秘に実感!それって本当の理由を探る

 

青汁がいい!そのメリット

 

とかく女性は腹筋が弱いので、便秘を抱えている人が多くいます。
かといって、市販の便秘薬を飲むと強い腹痛に見舞われたり、飲むことが慢性化してしまえば、飲み続けなければ出なくなってしまったりと、いろいろな副作用に悩まさせることにもなります。
市販薬では、く「便秘に効く」のは最初だけ・・・といわれるように、効き目を実感できないとより強い効果を求めてしまいがちです。これは不安ですよね。

 

その点、青汁は健康食品なので、毎日飲むことで自然な排便が促されると好評を得ています。食品なので副作用がないのが何よりもメリットです。

 

 

便秘の原因となる野菜不足を補う

 

便秘の原因の一つは、野菜不足とも言われています。
これは、野菜には善玉菌を増やす作用があり、腸内環境を整えることで鈍くなった腸の働きを良くするからなのです。
これが便秘を改善するといわれる理由です。

 

また、野菜は便を柔らかくする働きもあるので、その分、排便がスムーズになるというメリットもあります。

 

非水溶性食物繊維

 

青汁を飲むと体に良いことがたくさんありますが、便秘に効くというのも嬉しい効能の一つです。
これは、青汁に含まれる食物繊維が、腸の働きを活発にさせるので自然なお通じが期待できるというものです。

 

特に、2種類ある食物繊維の内、青汁に含まれているのは、水に溶けずらい上に腸内の水分を吸収して膨張する、非水溶性食物繊維です。
膨張した食物繊維が、腸の蠕動運動を促してくれます。

 

また、青汁を毎日飲むのと同時に、バランスの良い食事を取り、適度に体を動かすようにしたいものです。
青汁はあくまで健康をサポートするものなので、きちんとした食生活があってこそ、十分な働きが期待できるといいえるでしょう。

 

青汁が便秘に効く言われる理由を探る関連エントリー

お腹におすすめの理由
青汁が便秘の解消におすすめなのは、食物繊維の中でも、腸の中で膨らんで運動を促進していくれる不溶性食物繊維が豊富に含まれているからです。野菜が不足しがちな現代の食生活に取り入れると良さそうです。
便秘になる腸内環境
便秘になるなら野菜をたくさん取ることが理想的ですが、野菜嫌い、外食がちという人なら、毎日の生活に青汁を取り入れてみましょう。腸内環境を整え、不溶性食物繊維がスムーズな排便を促してくれます。
飲む時間は?
便秘を解消するための青汁なら、排便しやすい朝を飲む時間にするのが良さそうです。毎朝必ずトイレに行く習慣をつけ、それでもなかなか出ないという時には手のツボを押してみるのも良いでしょう。