青汁ダイエットと牛乳

青汁ダイエットで牛乳は必須!その理由は

 

青汁は水に混ぜて飲む方法が一般的ですが、水の他にも、牛乳に混ぜて飲むと、よりバラスンの良い飲み物となります。

 

牛乳といえば、豊富なカルシウムや各種ビタミン、ミネラルなどが含まれており、それだけでも栄養素の宝庫のような液体です。
そんな牛乳に混ぜるわけなので、青汁はより一層栄養価の高い飲み物となるのです。

 

また、ダイエットは長続きしなければ意味がありませんが、牛乳と混ぜると、抹茶ミルクのような美味しい味わいになり、とかくイマイチな味と言われることの多い青汁を、飲みやすいものに変えてくれるというメリットもあります。

 

これなら、小さな子供にもお勧めできますよ。

 

もしも牛乳の脂肪分が気になる場合には、低脂肪タイプのものを選ぶと良いでしょう。

 

カルシウムの吸収アップ

 

ダイエットとしても期待される青汁ですが、飲み方に工夫することで、栄養素をより効率的に体に取り込むことができます。

 

これは、牛乳に溶かすことで、青汁・牛乳の両方に含まれるカルシウムの吸収率をアップさせられるからです。

 

カルシウムは特に閉経後の女性に大切な栄養素で、骨粗鬆症の予防に欠かせないものと言われていますが、牛乳には、乳糖とカゼインと言う、カルシウムの吸収率をアップさせる成分が含まれています。

 

青汁の粉末100g当たりには、大麦若葉500mg、桑の葉2000mgものカルシウムが含まれており、このカルシウムを無駄なく吸収させることができるのです。

 

青汁ダイエットで牛乳は必須!その理由は関連エントリー

これで実感
青汁でダイエットするなら、飲み方も自分の生活ペースに合った方法を選んで、長く続けることが大切です。朝食代わりに、食事の前の空腹を抑えるのに、また、タイプも錠剤・ジェル・粉末とがあります。
人気の理由
青汁を使ったダイエットの人気が高いのは、飲むだけでよいという手軽さにあるようです。桑の葉など、含まれる有効成分の多さは非常に魅力的で、適切な食生活に取り入れたい健康食品といえそうです。
痩せるのにおすすめの理由
青汁は、食物繊維など、含まれている有効成分によりダイエットにおすすめの健康食品といえるでしょう。また、さまざまな種類がある中でも、桑の葉を原料としたもののメリットについてご紹介します。
いつ飲む?
青汁は、いつ飲むと決められているものではありませんが、ダイエットとして飲む場合は、食事と一緒、空腹時の食前、また、自分の生活リズムに合わせて飲むなどするとより良い結果につながりそうです。